最新情報
眼科PDT研究会とは
眼科PDT研究会代表ご挨拶
眼科PDT研究会概要
会則
世話人一覧
眼科PDT研究会活動内容
眼科PDT認定システム
眼科PDT講習会の紹介・案内
講習会申込み
PCV臨床研究
眼科PDTガイドライン
一般の方へ
眼科PDT実施施設紹介
眼科PDT講習会受講修了認定医紹介
関連リンク
本ホームページ掲載のご案内
掲載手順
眼科PDT実施施設掲載申込み
眼科PDT講習会受講修了認定医掲載申込み
個人情報の取扱いについて
お問い合わせ
HOME
 
ご挨拶

加齢黄斑変性 (Age-related Macular Degeneration;AMD) の患者数は年々増加傾向にあり、日本においても欧米先進国と同様に、中途失明原因の上位にランクされています。
そこで、AMDの早期発見と早期治療の重要性およびその社会的認知の向上を図るとともに、AMDの診断法、治療法の教育・啓発を行うことを目的に、「眼科PDT研究会」を設立いたしました。当研究会は網膜疾患の専門医17名の先生方に世話人としてご参画いただき、実地臨床に役立つ研究を発展させていきたいと考えております。

研究会の主な活動としては網膜硝子体学会と本研究会の共催による眼科PDT講習会を開催し、眼科PDT講習会受講修了の認定をおこなって参ります。

さらに、この活動の一環として「眼科PDT研究会ホームページ」を開設致しました。このサイトでは、眼科PDT講習会の開催のご案内、また実施施設のご紹介をするなど、PDT研究が広く普及発展していくことを目的に、運営しております。

眼科専門医の皆様におかれましては、このサイトを是非ご活用いただき、PDT研究の発展にご尽力いただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
また、加齢黄斑変性の方々を対象にPDT実施施設のご紹介もしておりますのでご活用いただきたくお願い申し上げます。


眼科PDT研究会 代表世話人
関西医科大学 眼科学
橋 寛二
Copyright (c) 2004眼科PDT研究会 All right reserved.